2009年04月20日

パワハラ「内容証明郵便」

友人の同僚が上司からパワハラを受けていることで、本人が精神的苦痛

から胃潰瘍を発病するなど心身共に深刻な状況になっているとのことで

あります。

そこで、本人次第ではありますが、泣き寝入りをしたくないのであれ

ば、法的手段も辞さない旨の「内容証明郵便」を社長宛てに郵送するの

も一つの方策であり、場合によっては我が探偵事務所所長 阪井 忍の

知人である専門の弁護士や司法書士も紹介する用意があると同僚に伝え

てはどうかと返答しておきました。(所長の人脈の広さはすごいです=^_^=)

内容証明郵便とは、法的効果を持つものではありませんが、郵便局が、

誰が・いつ・どのような内容の文書を・誰に配達されたのかを証明して

くれるもので、受け取った側の心理的影響はかなり大きいものがあり、

大抵何らかの反応があります。

また、探偵にとって弁護士や行政書士などとの連携は、依頼人のニーズ

に応える仕事をするためには欠くことの出来ないものであり、弁護士等

から調査依頼を受けることも多々あります。

あらゆる悩みご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パワハラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117796830

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。