2009年06月09日

労災認定 過労死

 厚生労働省が、
  労災認定過去最多 269人に ! 
  若者に増加 !
 と発表しました。


 「過労死」は働き過ぎが原因で、心筋梗塞や脳梗塞など、心臓や脳の疾患を発症し死亡するものです。



 認定基準は、
 「発症前1ヶ月に100時間または2〜6ヶ月間に月80時間を超える時間外労働があれば、時間外労働による過労と死亡の関連性が強いとされています。」 



 「過労自殺」は、過労や職場でのストレスから「うつ病」などの精神疾患となり、自殺に至るものです。



 従業員が、過労死や精神疾患を患い自殺した場合など、会社は「安全配慮義務違反」など多大な責任を負うこととなります。



 会社と従業員が一体となって予防に取り組む必要があります。
(=^・^=)


企業信用調査は阪井忍調査事務所にご相談ください。
【関連する記事】
posted by 名探偵@茨木 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 労災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。