2009年06月13日

サービス残業

 残業については、労災に加えてサービス残業問題もあります。


 近年、社会構造の変化に伴い、
  個人の権利意識や社会意識が変化し
個人の権利主張が強くなってきています。


 従業員が、労働基準監督署に申告し、会社に対し支払いを勧告されるケースが多々あります。


 最善策は、言うまでもなく従業員に時間外労働をさせないこと。


 どうしても時間外労働が必要な職場では、残業代を全額支払うことです。


 過去の未払い残業代(時効は2年)を管理職等を除き全従業員に割増賃金で支払うとなれば、資金繰り圧迫や倒産原因ともなりかねません。
(=^・^=)

企業信用調査は阪井忍調査事務所にご相談ください。
【関連する記事】
posted by 名探偵@茨木 at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 労災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

私のしている仕事となんだか被るのでコメントさせて頂きました。

税務署に比べ、労働基準監督署の力があまり強くないのが悲しいところです。
申告しても、対応が今一つ・・・って声をよく耳にします。
Posted by まさ@茨木 at 2009年06月21日 04:53
 はじめまして。コメントありがとうございます。

本当にそのとおりですよね。

私の、身近でもよく耳にします。
Posted by 探偵T at 2009年06月23日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。