2009年07月27日

相続(はじめに)

 「金に目が眩む」という言葉は一度や二度は聞かれたことがあると思います。

「お金によって理非をわきまえる力を失う。判断力がなくなる。」
  (広辞苑より)

という意味ですが、

この典型的な一つに「相続問題」が存在します。

相続で被相続人に遺言があった場合、それまで仲の良かった親族が骨肉の争いをすること等が多々見受けられます。

その他、

 被相続人が、病気入院中に推定相続人が一度も見舞いに来ず、怒り心頭の被相続人が、全く他人の第三者に全財産を・・・

 多額の借金を残して亡くなった被相続人の相続は・・・

 お金にまつわる問題は嫌なものですが、損をしないためには最低基本的な事項は知っておいた方がいいですね。

相続のことなら阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。