2009年12月30日

うつ病の発症原因 ストレス

 うつ病は「心の弱い人がかかる病気」「心の持ちようで克服できるはず」

 と誤解している人も少なくありません。

 でも、うつ病は治療が必要な体の病気で、だれにでもかかる可能性のあるごくありふれた病気です。

 うつ病では意欲や気力が衰えて感情や興味が失われ、仕事や家事ができなくなってしまいます。

 さらに、そういう自分にあせりを感じたり、もういなくなった方が楽だというような気持になってしまうこともあります。

 うつ病の発症原因の最たるものがストレスです。

 たとえば、配偶者の浮気や不倫、離婚などの喪失体験。転職や配置転換などの環境の変化があります。

 脳には神経細胞がたくさんあり、神経伝達物質がいろいろな情報を伝えています。

 ところが、うつ病では神経伝達物質の働きが不足することでバランスが崩れ感情をうまく調整できなくなってしまうのです。

  ねむれない
  だるい・疲れやすい
  食欲がない
  頭痛
  めまい・耳鳴り
  動悸・首筋や肩の凝り
  下痢や便秘

などの症状があり、内科を受診しても原因が分からない場合は、うつ病が疑われます。

 「うつ病」になると長期戦の構えで治療を受けなければなりません。

 (参考文献 カスタマー・ケア・センター提供「うつのこと、もっとわかってほしいから」)

 夫または妻が浮気をしているんではないかムード一人で悩んでいませんかバッド(下向き矢印)

メンタル面がしんどいと感じたら、その原因を解決することが大切です。

 うつ病になる前に、信頼のできる調査事務所に相談することをお勧めします。

浮気・不倫の悩みは信頼のできる阪井忍調査事務所にご相談ください。

posted by 名探偵@茨木 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。