2010年03月12日

スギ花粉症のセルフケア

スギ花粉症とは、

スギの花粉を吸い込むことによって、鼻の粘膜や眼におこるアレルギー

性の疾患です。毎年、スギ花粉の飛散に合わせて鼻や眼に症状が出ます

が、これらの症状の強さは花粉飛散量に強く左右されます。


スギ花粉の飛散は年により、地域によって異なりますが、早い地域では

1月中旬〜下旬からスタートして3月下旬〜4月初めまで、遅い地域でも3

月上〜中旬にスタートして4月中ごろで終わります。


スギ花粉症の方の中にはスギだけでなく、ヒノキの花粉にも過敏に反応

する人が少なくありません。そのような方では鼻の症状が4月下旬〜5月

まで続く場合もあります。

スギ花粉対策
(スギ花粉対策とは、スギ花粉との接触を回避することです!)

家庭内では
・戸や窓は閉めておく
・洗濯物は外に干さない様にする
・布団干しは付着した花粉をよくはたいてから室内に取り込む
・部屋の掃除を良く心がける
・エアクリーナー(空気清浄器)で花粉を除去する

外出の時は
・外出から帰ったら、家に入る前に着衣に付いた花粉を良く払い落とす
・すぐに洗顔、洗眼、鼻洗、うがい、洗髪などに努める。
・素早く外出着を着替える
花粉飛散日の日中は外出を控える
・止むを得ない場合はマスク、眼鏡、帽子を着用する

日常の健康管理にも注意!
・規則正しい生活を心がけ、睡眠を十分に取る
・疲労・過労におちいらないように注意する
・ストレスは溜めずに、上手に発散させるように心がける
・かぜをひかないように注意する
・暴飲・暴食は控える
・酒の飲みすぎや、タバコの吸いすぎには注意する
(参考文献 スギ花粉症のセルフケア)
  監修:(財)脳神経疾患研究所付属
        総合南東北病院アレルギー
        頭頚部センター所長
        今 野  昭 義 先生 

体(病気)は心を害し、心(悩み)は体をも害します!

快適に春を迎えるために

浮気や不倫などの悩みは、茨木の阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143411309

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。