2010年10月31日

誰も教えてくれない医療制度「知らなければ損をする」!!

皆さんご存知のとおり、

多額の医療費を支払ったときは、

確定申告を行うことで所得税が還付される

「医療費控除」

があります。


この「医療費控除」にしても

当然のことながら、

確定申告をしなければ所得税が還付されることはありません。


「医療費控除」とは別に、

「重症疾患」

の申告というのもあります。

この「重症疾患」は、義姉が実際に循環器系で罹った病気で、


大阪吹田の病院にて手術施行!


手術費用は1.000万円

保険を使ったとしても3割負担で300万円


と、かなり高額な費用になります。


ところが、


事前に「重症疾患」の申告(医者に書類を記載して貰う)

を保険所にしておけば、

手術費用は免除 0円ということになります。


義姉はこの「重症疾患」の申告をして

手術費用は免除されましたが、


退院近くになって、個室から4人部屋に移った同室の患者さんの中に、


「重症疾患」の減免があることさえ知らず、

高額の費用を実費で支払われていた方がいらっしゃったとのことです。


「重症疾患」のほかに「特定疾患」というのもありますが、

病院のドクターは勿論、窓口でも積極的には教えてくれないのが事実です!



減免の窓口は、その内容によって税務署・市役所・保険所と様々ですが、


せっかくある制度

問い合わせて手続きをしなければ、

損をしますよ!!


医療費等の問い合わせは担当官公庁へ!
浮気や不倫の悩みなどは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。


posted by 名探偵@茨木 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167849107

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。