2011年11月20日

ターゲットに気付かれにくい車の追尾

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は「ターゲットに気付かれにくい車の追尾」についてです。



探偵が張込みをする地域で、特に注意しなければならないのは閑静な住宅街。


周囲の住人から、不審者として110番されない配意



ターゲットから気づかれない工夫


が必要です。


そのためには2台の車を準備するのがベター

一台はターゲット宅が見え更にターゲット宅から見えにくい

近くの路上に車を停めて張込み


後の一台は、ターゲット宅から少し離れた場所で待機


ターゲット宅の張込みの調査員からの連絡により、

少し離れた場所で待機していた調査員の車がターゲットの車を追尾


その後方に張込みをしていた車が付くという二重追尾。


ターゲットに気付かれそうになったら、ターゲットの車を一旦追い越

し、後方の調査用車両が継続して追尾します。


気にしていた車がターゲットの車を追い越し立ち去ると、ターゲットは

「気のせいだった」と警戒心は薄れ、その後の追尾はかなりしやすくなります。


なお、調査用の車には全て、かなり濃いスモークのフイルムを張って、

車中が外から見えないようにしています。

張り込みの際、車中の探偵の動向が見えないようにすることも大切です。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。


posted by 名探偵@茨木 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。