2012年08月20日

離婚原因の一つ「性格の不一致」

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、離婚原因の一つ「性格の不一致」についてです。


離婚の申し立てで最も多いのが

「性格の不一致」


「性格の不一致」で夫婦関係が冷え切ったときに考える道は3つ

@我慢して一生を送る
A夫婦関係が良くなるよう努力する
B離婚する


貴女ならどれを選びますか?


離婚調停では、調停委員は必ずと言っていいほど

Aを勧めると思います。

探偵として言えば、

一過性の浮気などは、夫が改心し悔い改めるならAも選択技になり得ますが、


人の性格は簡単に変えれるものではありません。


すなわち、

「性格の不一致」はAの通り努力するに止まり、

 改善までは見込めないでしょう!


したがって「性格の不一致」には、


@の我慢して一生を送る

Bの離婚

の2つしか道はないのが現実です。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。










posted by 名探偵@茨木 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。