2012年10月11日

離婚話の前にしておきたい財産調査!

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は「離婚話の前にしておきたい財産調査!」についてです。


離婚するときには、まずその後の生活のことを考えなければなりません。


離婚時に派生するものに「財産分与」「慰謝料」「養育費」があります。


夫が働き、妻は専業主婦であっても、結婚していた間に得た財産は、

「夫婦が共同で形成したもの」

として、離婚の際には清算しなければならないものです。


大抵の家庭では、通帳やマンション、マイカーなど夫名義になっていると思

われます。


いくら夫名義になっていたとしても、結婚してから得たものであれば、

これら全てについて財産分与を主張することができます。


離婚で財産分与を請求する側は、相手の財産をきっちり把握しておく必要が

あります。


財産分与は、離婚から2年以内であれば請求できますが、

「預金がいくらあるはず」

だけでは、相手に否定されたり、隠されれば請求もできなくなりかねません。


離婚話の前に、相手の財産の詳細(預金であれば、銀行・支店名、口座番号

、預金額)を調べておくことをお勧めします。


浮気や不倫、離婚についての悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。









posted by 名探偵@茨木 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。