2012年10月14日

自分の知らないうちに離婚届を出されないための最良の方法

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、「自分の知らないうちに離婚届を出されないための最良の方法」についてです。 


協議の離婚届は、夫及び妻が当事者の本籍地または所在地に書面(離婚届書)により届け出ることだけで成立します。

 届け出の窓口では、虚偽の届け出を抑止するため、原則として運転免許証やパスポートなど官公署が発行した顔写真のある証明書で「本人確認」が行われますが、

 証明書がない場合や、届出人の一方のみが届出をした場合、

 もう一方の届出人に対し、書面で届出を受理した旨が通知されます。


 しかし、自分の知らないうちに離婚届が出され、いったん受理されればそれを無効にするためは、裁判所に離婚無効の調停や訴えを起こさなければなりません。


 書面さえ整っていれば届出が受理される現在の制度下では、届出があっても受理しないで欲しいという「離婚不受理届」を役所に出しておくことが一番確かな防止策です。

以前は、「離婚不受理届」の有効期間は6ヶ月でしたが、現在は本人が取り下げるまで有効です。

自分の知らないうちに離婚届を出される心配のある方は、「離婚不受理届」を役所に出しておくことをお勧めいたします。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します


posted by 名探偵@茨木 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正に今これで悩んでいます。数日前父親に勝手に離婚届を出されました。母親は何も知りません。父が逃げて以来体を悪くしたので正直波風立てたくなかったのに許せない思いでいっぱいです。無効手続って大変ですか?母親に負担がかかりますか?そして無効手続の提出に時効はあるのでしょうか?母親は国民保険で年金ももらっていませんが、離婚が発覚する手続きなどありますか?(できればしばらく対処策を考えて母親には内緒にしておきたいんです)
Posted by みき at 2012年10月15日 12:47
勝手に離婚届を出された場合の取るべき措置

知らないうちに離婚届が受理されていることを知った場合、家庭裁判所に「協議離婚無効の調停申立て」を申請し、調停で離婚の無効が確定されれば戸籍が訂正されます。
ただ、調停が不成立となれば、家庭裁判者に「離婚無効の訴え」を起こさなければなりません。
それでは、自分勝手な考えで、理不尽な行為をした夫は何の罪にも問われないのでしょうか?
法律というのはそれほど甘くはありません!
まず、離婚届を作成するには妻の署名と捺印が必要です。
この署名と捺印を夫自らがした場合、
「私文書偽造罪」という罪に該当します。
また、この離婚届を役場に提出すれば、虚偽の届出をしたということで
「公正証書原本不実記載罪」という罪にも該当します。
さらに、離婚届が受理されれば、夫さんは独身状態となり
愛人との再婚も可能になり、愛人との再婚後冒頭に書きました、妻からの「離婚無効の訴え」等により離婚の無効が確定されれば「重婚罪」に問われることとなります。
後は、貴女の覚悟(気持ち)次第です!
手続きは簡単ですが、ただ法律に慣れていればということになります。
Posted by 茨木の名探偵☆りゅう at 2012年10月18日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。