2013年04月15日

裁判離婚には事前の証拠収集を!

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。
今回は「裁判離婚には事前の証拠収集を!」についてです。

離婚で最も多いのが

「協議離婚」

しかし、

協議による離婚ができない夫婦は離婚訴訟を起こし

裁判で離婚!

ということになりますが、


離婚のように、夫婦間のもめごとは

最初から裁判で争うより、


まず、

「調停」という

柔軟な話し合いを試み

解決することの方がベターという訳です。


ただ、

「調停」では解決できない場合が多くあります。

その時

初めて家庭裁判所に離婚訴訟を起こし

裁判所の判決を求めることになります。

この「調停」の手続きを踏むことを

「調停前置主義」

といいます。

従って、

夫(妻)の浮気や不倫などは

調停を申し立てる前から、離婚裁判になることを見越し

証拠を収集しておくことをお勧めいたします。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。





posted by 名探偵@茨木 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355576127

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。