2009年12月25日

探偵の服装

 探偵といえば黒系のスーツというイメージをされる方が多いと思われがちですが

ss_DSCF0309.jpg 我が阪井忍調査事務所では、張り込みなどでは、ビジネス街や住宅地など張り込み場所に応じ、服装が不自然にならないようにする必要性から、バラエィーに富んだ服が置いてある大型の「作業服屋」さんなどもよく利用します。

 
景色に溶け込むことが張り込みを成功に結びつける
重要な要素です!


不倫、浮気の悩みは信用と信頼の阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

調査報告書に添付の証拠品

 調査が終わり、探偵事務所から調査報告書を受領した際、書類と同時に浮気の証拠品としてDVDを添付して貰いましたが、自宅にはパソコンやDVDの機器が無いなどの理由で、どうしたらいいのか分からないというご依頼者様もいらっしゃいます。

s_DSCF0315.jpg
編集用機器
の一部





 阪井忍調査事務所では、ご依頼者様にこのようなご心配をおかけしないように、DVDを始め8ミリテープ、VHSテープ、写真などご希望(複数可)の証拠品をお渡しさせて頂いております。

 不倫、浮気調査は信用と信頼でお応えする阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

調査結果報告書

ss_DSCF0280.jpg 昨日、阪井忍所長以下スタッフ全員でミーティングをしました。

 その話し合いの中で、所長から嬉しいと言うか意外とも思える話がありました。

 その話とは、

 先日、行動調査の報告をさせて頂いた際ご依頼者様が言われたお言葉で、

 「地元、阪急茨木駅の近くで、女性の方が相談にのってくださるということで話し易いと思い調査依頼しましたが、こんなに詳しく調べて頂いた上、このような立派な報告書までいただけるとは思っていませんでした。」


 というものでした。


 私は、普段ご依頼者様と直接話をする機会がないので、このような調査や報告書は当然のことと考えていましたが、所長からご依頼者様からこのようなありがたいお言葉を頂いたと聞き、今後の励みにしょうと思っています。
(=^・^=)
posted by 名探偵@茨木 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

 昨晩、久々に夢を見ました。

 一言で夢と言っても

  睡眠中にもつ非現実的な錯覚または幻覚
  はかない、頼みがたいもののたとえ
  空想的な願望、心のまよい。迷夢
  将来実現したい願い。理想
     (広辞苑より)


等さまざまな意味がありますが、私が見た夢はまさに「睡眠中にもつ非現実的な錯覚または幻覚」で、

 運送会社の友人の同僚が、上司からいじめを受けている実態を調査するため、同運送会社に運転手として潜入する

というもの。

 いじめの実態調査のため会社に潜入すること自体実際にはあり得ないことです。

 私が見た睡眠中に見た夢ではなく、人生に夢を持つということは大変喜ばしいことで、

 昨日報道されていた代理母の言葉にも「夢が叶う」という表現がありました。

 阪井忍調査事務所では、今後とも阪井忍所長以下調査員が一丸となって、ご依頼者の夢を叶えることが使命と考え調査にあたって行きたいと思っています。

 いじめ、いやがらせ対策は阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

探偵と調査力・信頼

 探偵が依頼を受ける内容は、浮気調査や行動調査から信用調査・結婚調査・ストーカー対策など多種多様ですが、

個人情報保護法が施行され、また近隣との付き合いが希薄化された今日にあって、

阪井 忍所長の情報収集力には目を見張るものがあります。

高い情報収集力の源は「幅広い交友関係」にあり、その根源は今までの長きにわたり培ってこられた「人との出会いを大切にする。」という精神ではないかと思っています。

昨晩も、調査を終え深夜に事務所に戻ると、待機のスタッフから
 「今日のお昼に、先月調査報告書を受け取りに来られた○○様から所 長宛てに電話があつて、元気にされているとのことですよ。」
と聞きましたが、

今までにも、調査を終えたご依頼者様が「近況報告に見えられた。」 
というようなことも度々あります。

調査を終え、調査報告書をお渡しした後に、ご依頼者様からこのようなお電話やご来所までしていただけるのは、前述した「人との出会いを大切にする。」ことを阪井忍所長が調査事務所の経営理念の一つとして
とらえられている結果ではないかと思っています。=^_^=

信用調査や結婚調査は調査力の高い阪井忍調査事務所にご相談ください。


posted by 名探偵@茨木 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

探偵と肖像権(不貞行為の証拠)

 法は個人のプライバシーの権利を保護しています。

 一方、配偶者の浮気は、民法上の不貞行為にあたり離婚原因になります。


 その浮気の証拠を証明できる最たるものが写真です。

 肖像権があるからといって、探偵が隠密に

  夫が他の女の人と手をつないで歩いている写真
  ホテルに入って行く写真

を撮ることなども肖像権を侵害するのでしょうか。


 最高裁判所の判断基準からみて、正当な目的による正当な方法で撮影すれば問題はありません。


 探偵が隠密に撮影した写真を、離婚や慰謝料請求の裁判資料の証拠として用いることも許されています。


 浮気や不倫の調査は、信頼できる探偵事務所に依頼することをお勧めします。


 浮気・不倫の悩みは阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

探偵と肖像権

 探偵がターゲットの浮気現場を撮影するのに、被撮影者の同意を得ることは100パーセント不可能です。

 そこで問題となるのが肖像権です。

 もともと肖像権という権利は国内法にはなく、肖像権を侵害しても刑事罰に問われることはありません。

 ただし、民法上の「不法行為」に該当する場合は損害賠償の請求の対象になります。

 容ぼう等を被撮影者の承諾なく撮影することが違法か否かの判断基準が、平成17年11月10日に最高裁判所が示しています。


 「被撮影者の社会的地位、撮影された被撮影者の活動内容、撮影場所、撮影の目的、撮影の態様、撮影の必要性等を総合考慮して、被撮影者の自己の容ぼう等をみだりに公表されない人格的利益の侵害が、社会生活上受忍の限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべきである。」


 探偵といえども無条件で容ぼう等の撮影は許されないのは事実ですね=^_^=

浮気・不倫の悩みは阪井忍調査事務所にご相談ください。 
posted by 名探偵@茨木 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

探偵と自転車

 調査用の車には、いざという時に備え常に折りたたみ式の自転車をトランクに乗せていますが、ターゲットの普通自転車を追尾するのに汗だくになります。

なにせ車輪が小さいだけに、こぐ回数が約倍。

でも、必死で必ず付いていきます=^_^=

浮気・不倫は阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

お知らせ

 阪井 忍調査事務所では、ご依頼者様のニーズにきめ細かく対応させていただくため、年中無休(24時間稼働)といたしました。
 (=^・^=)
posted by 名探偵@茨木 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

探偵と雨

 ぐずついた天気が続きますが、地球上のあらゆる生物の生存には雨は欠かせないものです。

 しかし、探偵を一番泣かせるのが冬の寒さや夏の暑さではなく、この
雨。

 足元を濡らしながら長時間の野外での張り込み。

 ターゲットを見逃さないための根気と集中力が続けられなければ調査は成功しません。

 何時間張り込みをしても、その間に数秒間目を離すだけでも失敗につながります。

(=^・^=)

不倫・浮気調査は阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

探偵と契約書(その3)

 署名・記名の効力と捺印


 契約書への署名・捺印は日本の伝統的生活習慣で、捺印のない文書を受け取るこはまず有り得ません。

 
 しかし、法律上は署名のみで有効です。


 ただ、捺印のない文書は未確定な文書として証拠価値が低くなるおそれがあり、署名の場合でも捺印してもらうのが得策です。


 万一、手持ちの印鑑が無い場合は「拇印」又は「書き判」でも確定意思があることを証明できます。


 ゴム印や印刷で氏名を表示する「記名」のみの場合は効力はありません。
 この場合でも、記名の後(縦書きのときは下、横書きのときは右側)に押印があれば署名と同じ効力が発生します。
(=^・^=)

あらゆる悩みご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

探偵と契約書(その2)

 契約は、「諾成契約」が基本であることは、探偵と契約書(その1)で述べましたが、

 探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結するに際しては、
  「探偵業の業務の適正化に関する法律」
により次のように「書面の交付」が義務付けられています。


(重要事項の説明等)
第八条 探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、あらかじめ、当該依頼者に対し、次に掲げる事項について書面を交付して説明しなければならない。
 一 探偵業者の商号、名称又は氏名及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
 二 第四条第三項の書面に記載されている事項
 三 探偵業務を行うに当たっては、個人情報の保護に関する法律その他の法令を遵守するものであること。
 四 第十条に規定する事項
 五 提供することができる探偵業務の内容
 六 探偵業務の委託に関する事項
 七 探偵業務の対価その他の当該探偵業務の依頼者が支払わなければならない金銭の概算額及び支払時期
 八 契約の解除に関する事項
 九 探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関する事項


2 探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約をしたときは、遅滞なく次に掲げる事項について当該契約の内容を明らかにする書面を当該依頼者に交付しなければならない。
 一 探偵業者の商号、名称又は氏名及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
 二 探偵業務を行う契約の締結を担当した者の氏名及び契約年月日
 三 探偵業務に係る調査の内容、期間及び方法
 四 探偵業務に係る調査の結果の報告の方法及び期限
 五 探偵業務の委託に関する定めがあるときは、その内容
 六 探偵業務の対価その他の当該探偵業務の依頼者が支払わなければならない金銭の額並びにその支払の時期及び方法
 七 契約の解除に関する定めがあるときは、その内容
 八 探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関する定めがあるときは、その内容


 阪井 忍調査事務所では、当然のことながら上記規定を順守し、ご依頼者様の信頼を得て調査依頼を承っております。(=^・・^=)

あらゆる悩みご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

探偵と契約書(その1)

 契約は「諾成契約」といって当事者相互の合意だけで成立し、書面を作成しなくても有効であるのが原則です。

 契約書を作らなければ効力がないとの思い込みは、この原則からみれば危険な考え方す。

 ただし、口頭契約の場合は合意の立証に困難を伴いますので、立証面プラス「トラブル」防止面で必ず契約書等の文書の作成はすべきです。

 例外的に、「遺言等」文書を作成しなければ法律上の効果を生じない法律行為「要式行為」もあります。(=^・・^)

あらゆる悩みご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

探偵と裁判(訴訟)

 裁判は、訴訟の提起に始まり、訴状の陳述、争点整理、証拠調べ、弁論終結、判決の順に進行します。


 裁判では、証拠主義を原則としていますので、証拠がある方が勝つのが常です。

 
 証拠調べの結果、当事者双方がイイブンの場合でも、裁判官は100か0、黒か白の判決を下します。


 裁判に要する費用としては、
  ・ 裁判手数料としての印紙代
  ・ 訴訟書類の送達費用(郵便切手で納めます)や証人尋問等の費   用
  ・ 弁護士費用
があり、訴訟に勝てば相手側から費用(原則として弁護士費用は除かれます)を徴収することが認められています。


 裁判を勝訴に導くためには、信頼できる探偵に調査(証拠集め)を依頼することが大切です。(=^・^=)

あらゆる悩みご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

秘密保持(労働者の秘密保持義務〜探偵)

 労働者の秘密保持義務には、明文の規定はありません。
 しかし、労働者が労働義務の遂行にあたっては、民法第1条2項の信義則の適用を受け、その結果、労務供給義務に付随する諸般の義務を負うことになります。
 
 多くの企業では、就業規則中に労働者の秘密保持義務を定めています。
 企業秘密が保護に値するものであり、また、労働者の義務内容が明確であれば、労働者は契約上の義務として秘密保持義務を負うことになります。

 秘密漏えいが生じた場合、使用者は当該労働者を懲戒解雇の対象とし、場合によっては債務不履行あるいは、不法行為による損害賠償を請求し、更にはその義務が明確な債務として存する場合に労働者の行為に対する差止請求(不正競争防止法第3条)をすることが考えられます。

 裁判所は、労働者の企業秘密漏えいを理由とした懲戒事案に対し「懲戒権の行使は、具体的事情の下において、それが客観的に合理的理由を欠き社会通念上相当として是認することができない場合に初めて権利の乱用として無効になる。」との判断基準を維持しています。=^_^=
探偵は仕事上知りえた情報の秘密は絶対条件として求められます。

浮気・不倫の悩みは阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

秘密保持(探偵と秘密保持2)

 探偵業法

 秘密の保持等
 第10条 探偵業者の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その 業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従 事する者でなくなった後においても、同様とする。
 2 探偵業者は、探偵業務に関して作成し、又は取得した文書、写真 その他の資料(電磁的記録(電子的方式磁気的方式その他人の知覚に よって認識することができない方式で作られた記録をいう。)を含  む。)について、その不正又は不当な利用を防止するため必要な措置 をとらなければならない。

 上記条文の解釈について

 1 第1項関係
  (1) 「探偵業者の業務」には、探偵業務のほか、同業務の遂行     に必要な庶務、経理等の諸業務が含まれます。
  (2) 「業務に従事する者」には、常用、臨時を問わず、探偵業     者と雇用関係の者のほか、業務に従事する役員、業務の一部     を手伝う家族、第三者から派遣された者が庶務、経理等を行     う場合における当該派遣社員等が該当します。
      なお、個人の探偵業者も、「業務に従事する者」に含まれ     ます。
  (3) 「正当な理由」がある場合には、例えば、法令上通報・報     告する義務を負う場合、訴訟手続上の証人として証言しなけ     ればならない場合、依頼者本人が承諾した場合等が該当しま     す。

 2 第2項関係
   「不正又は不当な利用を防止するため必要な措置」については、    例えば、資料(電磁的記録を含む。以下同じ。)の保管方法、   資料を取り扱うことのできる者の範囲、資料の持ち出しの手続、   廃棄方法、情報セキュリティの確保等の点において適正に管理さ   れている必要があります。
    また、その実効性を担保するため、必要な規定の整備や物的措   置(例;鍵のかかる保管庫、セキュリティ措置が講じられている   パソコン等)が講じられている必要があります。
   (探偵業の業務の適正化に関する法律等の解釈運用基準より。)
 


 ご依頼主様の秘密を扱う探偵としては「探偵業法」以前の問題として、秘密は当然守らなければならないことであります。

 阪井 忍調査事務所では「秘密の保持」は当然のこととして、探偵業法全てについて厳守し、ご依頼主様の信頼を得て業務運営させていただいております。      

 
 あらゆる悩みご相談ください。
 
   
posted by 名探偵@茨木 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

秘密保持(探偵と秘密保持)

 秘密保持の代表的な法律に
・ 刑法第134条(秘密漏示)
  医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人 又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取 り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下 の懲役又は10万円以下の罰金に処する。
・ 地方公務員法第34条(秘密を守る義務)
  職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退い た後も、また、同様とする。
 などがあります。
  一方、探偵の秘密保持は、2007年6月に施行された 探偵業法 第10条(秘密の保持等)に次のとおり規定されています。     探偵業者の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その業務上知  り得た人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事する者 でなくなった後においても、同様とする。
 2 探偵業者は、探偵業務に関して作成し、取得した文書、写真その 他の資料(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によ っては認識することができない方式で作られた記録をいう。)を含む 。)について、その不正又は不当な利用を防止するため必要な措置を とらなければならない。
 なお、これらの規定に違反した場合、営業の停止等の処分があります。 

浮気・不倫の悩みは阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ビデオ機能テスト

新しく追加した赤外線連動のビデオカメラの機能テストを
夜間、茨木市内のモテルで実施しました。
この赤外線は優れもので、薄暗い中、かなり離れた場所からでも鮮明に撮れました。
機材は本番で使う前には機能テストをしなければなりませんが、
必ず実際のモテルやマンション・アパートを使いテストをしています。このビデオカメラは、今まで使っていたものより数倍頼りになる機材の一つになりそうです。

浮気・不倫の悩み、人探しは阪井忍調査事務所にご相談ください。
posted by 名探偵@茨木 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

浮気調査訓練

昨晩、事務所の近くのマンションで探偵見習生2名の訓練をした。


阪急茨木市駅からオートロック式マンションの愛人宅までターゲットを追尾

し、愛人宅の号室と、愛人の写真を撮る想定である。


結果、愛人宅の号室は確認できたものの、

出る際は裏出口から出たため

表玄関で張り込みをしていた見習い生は写真撮りに失敗、!

後でのミーティングにおいて見習生を指導。


まだまだ訓練が必要であることを実感!!

浮気・不倫の悩み、人探しは大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。



posted by 名探偵@茨木 at 08:13| Comment(3) | TrackBack(1) | 探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。