2012年11月11日

夫の浮気相手の女性に慰謝料請求できる条件とは?

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、「夫の浮気相手の女性に慰謝料請求できる条件とは?」についてです。


夫は妻に対して貞操義務を負っています。

浮気した夫に対して、妻がその精神的苦痛について

慰謝料請求は当然認められています。


さらに、

その浮気相手となった女性に対する慰謝料請求も可能です。


ただ、どのような状況ででも可能というのではなく、

一定の条件の元で慰謝料請求が可能というのが判例の立場です。


その一定の条件とは

「浮気の相手方に、妻ないしそれに準ずる関係の存在が在ることを知っていること。」

です。


このような行為が不法行為を構成することについて、

最高裁判所は、

「浮気相手の男性に妻があることを知りながら恋愛関係になり、

その結果相手方の家庭生活を崩壊させた場合には、それによって被った妻の

精神的苦痛を慰謝すべき法的な義務がある。」

としています。


誰しも、夫の浮気相手の女性に報復してやりたい気持ちを持つのは当然のことで、

その報復の手段で法が唯一認めているのがこの慰謝料請求です。


ただ、夫が言葉巧みに自らが独身であるかのように振る舞い、相手女性がこれを信じていた場合には

残念ながら、法が唯一認めている慰謝料請求も出来ないという事になります。


浮気・不倫の悩みは大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。





posted by 名探偵@茨木 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 不倫・浮気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

妻ある夫が婚約不履行??

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、「妻ある夫が婚約不履行??」についてです。


妻K子さんは、夫Y男の不倫相手から

「Y男さんは妻とは別れるので結婚しょうと言ってくれた。

Y男さんと離婚して欲しい。

Y男さんが私と結婚してくれないのであれば婚約不履行で訴えてやる!」


と言われた。


この場合、不倫相手の言うとおり婚約不履行は成立するか?


現在の日本の法律では重婚は禁止されています。

すなわち、

戸籍上の妻のいる人とは、結婚することは当然のことながら、

婚約することも出来ません。


したがって、

夫婦関係が冷え切っていて、

夫が不倫相手に

「妻とは別れるから結婚しょう!」

と言ったところで、

法的には婚姻関係が継続していますので

夫さんが不倫相手と結婚しなくても婚約不履行にはなりません。



浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共に、プロのカウンセラー阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺いいたします。








posted by 名探偵@茨木 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 婚姻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

協議離婚でも不倫等の「事実の存在の立証」が必要な訳

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、“協議離婚でも不倫等の「事実の存在の立証」が必要な訳”についてです。



離婚の多くは協議離婚で、

「裁判離婚」

は離婚全体の約1%でしかありません。


しかし、この1%でしかない「裁判離婚」の判決に至る審理内容が協議離婚

においても重要な部分なのです。


その裁判で重要な部分とは、


離婚事由である不倫等の「事実の存在の立証」

です。


事実の存在を立証できなければ裁判には勝てないと言うことです。


それではなぜ裁判でない協議離婚に「事実の存在の立証」が必要なのか?


その理由は、


「協議の段階で慰謝料を支払わなければ、裁判で請求しますよ」

と言える後ろ盾が無く、

慰謝料も請求できなくなる恐れがあるからです!



浮気や不倫についての悩みは大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。


posted by 名探偵@茨木 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

「認知請求権の放棄」は有効か?

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、「認知請求権の放棄」は有効か?についてです。



浮気調査の結果、

夫の浮気相手のお腹の中には赤ちゃんのいることまで分かった!!

依頼者の妻さんは、


生まれた子どもを、夫が「認知」するようなことだけは避けたい!

との考えから


子どもを絶対「認知」はしないで欲しい。

また

「子どもが生まれても認知請求をしない」ことを浮気相手の女にも約束させて欲しい。

と夫に嘆願した。


一方、

夫も、家庭の平和を優先したい一心から妻の依頼を快諾した。


このような、浮気相手の女性に約束させた

いわゆる「認知請求権の放棄」は有効かということです。


判例は一貫して

「認知請求権の放棄」は無効である。

としています。

すなわち、

夫がいくら愛人を説得して「認知請求権」を放棄させたとしても

何ら意味がないということです。


また、

愛人が生んだ自分の子を任意認知しない場合は、

家庭裁判所に認知の訴え(強制認知)を提起されることがあります。

(※胎児は任意認知を受けることができますが、認知の訴えを提起することはできません。)


浮気夫の身勝手は許されないということです。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共に、プロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。











posted by 名探偵@茨木 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

裁判離婚の前に行われる離婚調停

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は「裁判離婚の前に行われる離婚調停」についてです。



裁判員制度が日本にも導入され、

裁判所も身近に感じられるようになりました。


ただ、

普段の生活には縁のないところだけに裁判と言うと

何となく、手続きなど難しく感じられるようですね。


ただ、難しく感じられるからでは無いでしょうが、

裁判離婚はごく少数で、

離婚で最も多いのが最も簡便な協議離婚です。


しかし、


協議による離婚ができない場合で、

裁判をしてでも離婚を!

ということになった場合は


まず、調停前置主義というのがあり

家庭裁判所に離婚調停の申立てをしなければなりません。


必要書類は

@夫婦関係調停(離婚)申立書
A夫婦の戸籍謄本

です。


申立書の様式は定型化され、

また、

定型化された用紙は家庭裁判所の受付窓口等に置いています。

また、

「記入例」

なども備え付けています。


必要書類の提出先は、原則として

相手側の住所を管轄する家庭裁判所です。


申立ての際には

@収入印紙 1200円
A調停の呼び出しに使う郵便切手代

が必要です。


初めの調停が行われるのは、申立てをしてから1〜1.5ヶ月後です。

裁判所から、申立人と相手側に、調停期日を記した呼び出し状が送られてきます。

1回の調停はおおむね2〜3時間です。
(午前は10:00から 午後は1:30からと指定されることが多いようです。)

調停委員会(家事審判官1名と調停委員2名)が双方の意見を聴き、

解決の道を探るべく、調整案を提示するなどの方法で進められますが、

夫婦同時に部屋に入って調停委員と話をするのではなく、

相手側が調停委員と話をしている間、申立人は待合室で待つことになります。


なお、

調停委員には強制力はなく、

目的は、あくまで当事者同士の合意です。


調停は、ほぼ1ヶ月間隔で行われ、

6ヶ月から1年程度続けられます。


浮気や不倫、離婚についての悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。




posted by 名探偵@茨木 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

貴女は今「幸福ですか」「不幸ですか」?

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、貴女は今「幸福ですか」「不幸ですか」?についてです。



「幸福」や「不幸」は漠然とした言葉で具体的ではありません。

貴女は今「幸福ですか」「不幸ですか」?と聞かれたら

「幸福です」と答えますか?

「不幸です」と答えますか?


「幸福」というのは千差万別で、人それぞれ違ってくるのは当然です。

宝くじが大当たりして億万長者になったら「幸福」と思う人もいれば

朝、元気に目覚めることができることが「幸福」と思う人もいます。


反面、

「不幸」というのははっきりしています。

@親や大切な人との死別!

A大金を盗られた・紛失した!

B信じていた人に裏切られた!

など具体的な事実が存在しています。


Bの「信じていた人に裏切られた!」の典型的な一つが

夫(妻)の不倫ではないでしょうか。

人は誰しも「幸福」でありたいと願うものです。

不倫は、その「幸福」を一瞬にして「不幸」のどん底に陥れる許しがたい行いです。

それも、信頼関係が大きければ大きいほど「不幸」が増大してしまうのです。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が貴方の悩みをお伺い致します。



posted by 名探偵@茨木 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 不倫・浮気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

離婚は幸せになれる道!

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は「離婚は幸せになれる道!」についてです。


離婚の決断について必要なものは、

新しいものに歩み出すという力強さ・前向きの姿勢です。

勿論、安易に離婚に走るのは考えものですが、

一度の人生ですから相手を間違えたと思ったら一日でも早く終止符を打ち次に進む方が賢明です。


特に、夫の不倫が発覚した場合など、

過去の不倫の蟠りを持ったまま、また不倫をしないだろうかと考え

心が沈んだまま生活するより、


離婚は幸せになれる道ではないでしょうか。


昨今の離婚率の増加も納得できます。


離婚の手続きとしては、

当事者双方の合意があれば、

協議離婚(民法763・764・739条)という

簡便な方法により離婚することができます。



合意ができない場合でも、

まず、「調停」の申し立てをして、結果不成立になれば「裁判」

という順に解決を図ることもできます。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。


posted by 名探偵@茨木 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

離婚の約90パーセントは「協議離婚」!

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、離婚の約90パーセントは「協議離婚」!についてです。


夫婦双方が離婚について合意をしているのであれば

離婚の約90%を占める「協議離婚」が簡便(証人2人の署名押印は必要)で

一番よい方法でしょう。


しかし、考えておかなければならないことは、

慰謝料の支払い・財産分与、さらには子どもが居る場合の「養育費の確保」

です。


特に、将来的な養育費の履行がなされないことが多い現状からすれば、

少々面倒であっても、相手が養育費を支払わない場合、強制執行(給料を差

し押さえる等)の手続がとれる「調停離婚」を選択するのが良いと思われま

す。


戸籍上に「調停離婚」と掲載されるのをどうしても避けたい場合は、

(離婚をすると戸籍に、裁判離婚・審判離婚・調停離婚・協議離婚と離婚の方法が掲載されます)

協議の離婚書に押印をする前に

「公正証書」で子どもの養育費の履行を確保しておくことをお勧めいたします。



浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。





posted by 名探偵@茨木 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

夫婦関係破綻後の不法行為では慰謝料請求は認められない!

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、「夫婦関係破綻後の不法行為では慰謝料請求は認められない!」についてです。


性格の不一致等で夫婦が別居し、実質的に夫婦関係が破綻している状態の中

で、夫に愛人ができても、民法に規定する「不貞行為」にはなりません。


「不貞行為」とは、婚姻生活の平和の維持という権利等を侵害する行為を

いうのです。


私と言う妻がありながら・・・・・

と言って、夫やその愛人に食って掛かるというケースはよくありますが、

それは、夫婦円満とまでは行かなくとも、未だ夫婦関係が破綻していない状態の時ことで、


夫に愛人ができる前から夫婦関係が破綻していたのであれば、「夫婦生活の平和の維持という権利等」

を保護する必要がなく、また、それを侵害したとはいえません。


したがって、当然のことながら「不法行為」ということでの慰謝料請求は認められません。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します。

posted by 名探偵@茨木 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 損害賠償責任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

自分の知らないうちに離婚届を出されないための最良の方法

大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所の「茨木の名探偵☆りゅう」です。

今回は、「自分の知らないうちに離婚届を出されないための最良の方法」についてです。 


協議の離婚届は、夫及び妻が当事者の本籍地または所在地に書面(離婚届書)により届け出ることだけで成立します。

 届け出の窓口では、虚偽の届け出を抑止するため、原則として運転免許証やパスポートなど官公署が発行した顔写真のある証明書で「本人確認」が行われますが、

 証明書がない場合や、届出人の一方のみが届出をした場合、

 もう一方の届出人に対し、書面で届出を受理した旨が通知されます。


 しかし、自分の知らないうちに離婚届が出され、いったん受理されればそれを無効にするためは、裁判所に離婚無効の調停や訴えを起こさなければなりません。


 書面さえ整っていれば届出が受理される現在の制度下では、届出があっても受理しないで欲しいという「離婚不受理届」を役所に出しておくことが一番確かな防止策です。

以前は、「離婚不受理届」の有効期間は6ヶ月でしたが、現在は本人が取り下げるまで有効です。

自分の知らないうちに離婚届を出される心配のある方は、「離婚不受理届」を役所に出しておくことをお勧めいたします。


浮気や不倫の悩みは、大阪茨木の探偵・阪井忍調査事務所にご相談ください。名実共にプロのカウンセラー・阪井忍所長が直接貴女の悩みをお伺い致します


posted by 名探偵@茨木 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。